サプリとは?

テレビなどでもよく放映しているダイエットサプリのコマーシャルですが、通常のサプリと何が違うのか判らないという方も多いかと思われます。そもそも、サプリなどの健康食品を口にしない人にとっては『サプリ』という言葉自体に馴染みが無いでしょう。
『サプリ』とは食品に含まれている栄養成分を濃縮し、凝固させたものです。形は様々ですが、大抵は固形の錠剤タイプか中に液体状の栄養成分が詰まったカプセルタイプに分かれています。ここで一つの疑問が出てきますね。『食物から摂れる栄養成分を何故、カプセルや錠剤にする必要があるのか?』という疑問です。それには、食物に含まれる栄養成分の保有量が深く関係しています。食事によって摂取出来る栄養成分は非常に限られており、一般的な食事ではバランス良く吸収する事が困難となっています。

例えばしきりにコマーシャルなどで宣伝している『DHA』という成分。これは血液をサラサラにする効能がある事でよく知られていますね。基本的にこの『DHA』という成分は青魚などによく含まれているのですが、青魚一匹当たりの『DHA』含有量は微々たるもので、毎食口にしていたとしても大した量にはなりません。何よりも、そんなに毎日毎日、お魚ばかり食べていられませんよね。

小食の方では量などの問題もありますし、出来るなら好きな物を食べていたい筈でしょう。そこで登場するのが、この『サプリ』というものです。これは、栄養成分を濃縮した物なので、小食の方でも食事のついでに数粒飲むだけで、食物から摂取出来る量を遥かに上回る栄養成分を得る事が可能となります。また、あまり健康には良くありませんが、ハンバーガーなどのジャンクフードなどと組み合わせる事も出来るのです。

さて、かなり話が逸れていましたが、そろそろダイエットサプリについて説明しようかと思います。ダイエットサプリというのは、脂肪の燃焼効果のある栄養成分が濃縮されたサプリです。つまり、飲むだけで脂肪が『燃えやすく』なるのです。注意すべきなのは、この、『燃えやすく』なるという点です。あくまで『燃えやすく』なるだけで、『燃える』訳ではないのです。

ダイエットサプリには脂肪の燃焼を促進させる効果はあっても、脂肪を燃やす効果はありません。運動をして、初めて効果があるのです。よく『飲むだけ痩せる』というサプリがありますが、サプリを飲むだけで、食べては寝て、食べては寝ての生活をしているだけでは痩せる訳がありません。本気で痩せたいと思うのなら、運動をすべきなのです。これからダイエットを始めようかと考えている方はくれぐれもこの注意点にはご注意下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ